学生による研究成果の発表(アンダーラインが研究室の学生)
 
 

    ● 2016年度〜
    ● 2013〜2015年度
    ●  2010〜2012年度
    ●  2007〜2009年度
    ●  2004〜2006年度
    ●  2001〜2003年度
    ●  1997〜2000年度
    ●  1993〜1996年度
2016年度〜

1. 吉田龍人,中島伸一郎,清水則一: 岩石不連続面の開口幅分布計測のためのX線CT画像処理法の検討, 平成29年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,V-24, pp.205-206, 2017.5.(若手優秀発表者賞受賞)
2. 栃木茜,今泉暁音,清水則一: 地下空間デザインにおける空間の形状と素材感の知覚マップの構成について , 平成29年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,V-45, pp.247-248, 2017.5.(若手優秀発表者賞受賞)
3. N.S. Parwata, N. Shimizu: Application of InSAR for estimating topographic height in small area including steep slopes using ALOS-PALSAR data, 第37回西日本岩盤工学シンポジウム論文集 pp.99-104, 2016.9. 
4. P.E. Yastika, N. Shimizu: Applications of DInSAR for ground surface deformation measurements-case studies of subsidence measurements and deformation detections due to an earthquake, 第37回西日本岩盤工学シンポジウム論文集 pp.91-97, 2016.9. 
5. Kien N.T, Y. Hayashi, S. Nakashima, N. Shimizu: Displacement monitoring using GPS for a steep and large slope, 第37回西日本岩盤工学シンポジウム論文集 pp.83-90, 2016.9. 
6. 奥田健人,中島伸一郎,清水則一: アメダスデータに基づく全国の凍結指数とその統計的分析, 平成28年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,V-17, pp.481-482, 2016.5.
7. 天藤翔太市原翔,中島伸一郎,清水則一 : トンネル掘削による地すべり斜面の変位挙動のメカニズムの考察(その6), 平成28年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,V-48, pp.265-266, 2016.5.
8. 須磨優樹,清水則一,中島伸一郎,小堀俊秀,山口嘉一: GPS変位計測に基づくフィルダム堤体の変位特性の評価, 平成28年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,V-47, pp.263-264, 2016.5.
9. 田口良輔Yastika Putu Edi,中島伸一郎,清水則一: DInSARによる地表面変位計測の時系列解析に関する検討, 平成28年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,V-23, pp.215-216, 2016.5.
研究室学生による成果 このページのTOP

2013〜2015年度

1. 林佑一郎,古山陽太,中島伸一郎,清水則一: 急傾斜斜面に対するGPS変位計測システムの適用事例(その4), 第36回西日本岩盤工学シンポジウム・第2回岩石力学・岩盤工学に関する若手研究者会議論文集 pp.51-56, 2015.9. 
2. 市原翔,藤本崇人,中島伸一郎,清水則一: トンネル掘削による地すべり挙動の粒状体解析に基づくメカニズムの考察, 第36回西日本岩盤工学シンポジウム・第2回岩石力学・岩盤工学に関する若手研究者会議論文集 pp.13-18, 2015.9. 
3. 林佑一郎古山陽太,中島伸一郎,清水則一,福井雄二: 急傾斜斜面に対するGPS変位計測システムの適用事例(その2), 平成27年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-34, pp.225-226, 2015.5. (若手優秀発表者賞受賞)
4. 坂本隆,中島伸一郎,清水則一: クローバークランプを用いた粒状体解析手法による硬岩モデルの強度変形特性, 平成27年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-27, pp.211-212 2015.5. 
 5. 寺田脩作,中島伸一郎,清水則一,武石朗,増成友宏: 新しいGPS変位計測センサーの開発, 平成27年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-8, pp.173-174 2015.5. 
 6. 伊藤裕美子今泉暁音,清水則一:地下空間デザインにおける色と形の相互関係の活用について,地下空間シンポジウム論文・報告集,Vol.20,pp.167-174,2015.1.
 7. 藤本崇人市原翔,中島伸一郎,清水則一:トンネル掘削による斜面の地すべり挙動の粒状体解析によるメカニズムの考察,第43回岩盤力学に関するシンポジウム講演集,pp.182-187,2015.1
8. 古山陽太,中島伸一郎,清水則一:GPSによる岩の変位計測に関するISRM Suggested Methodと斜面変位計測への適用事例,第43回岩盤力学に関するシンポジウム講演集,pp.164-169,2015.1
9. Y. Furuyama, S. Nakashima and N. Shimizu: Displacement monitoring using GPS for assessing stability of unstable steep slope by means of ISRM suggested method, Proc. of the 2014 IRSM International Symposium - 8th Asian Rock Mechanics Symposium (ARMS8), pp.1897-1904, 2014.10.(ISRM Outstanding Poster Award for Young Researchers and Engineers受賞)
10. 川口雄輔池田茜,中島伸一郎,清水則一: 路盤・路床の含水飽和度が舗装の変形特性に及ぼす影響, 土木学会第69回年次学術講演会講演概要集,III-321,pp.641-642,2014.9.
11. 古山陽太大山直輝,中島伸一郎,清水則一,山田晋吾: 急傾斜斜面に対するGPS 変位計測システムの適用事例, 土木学会第69回年次学術講演会講演概要集,III-293,pp.585-589,2014.9. 
12. 藤本崇人市原翔,中島伸一郎,清水則一: トンネル掘削による地すべり斜面の変位挙動のメカニズムの考察(その4), 土木学会第69回年次学術講演会講演概要集,III-215,pp.429-430,2014.9. 
13. 川口雄輔池田茜,中島伸一郎,清水則一:乾燥-湿潤および繰返し荷重による透水性舗装の弱化メカニズムの検討,第35回西日本岩盤工学シンポジウム論文集pp.65-70,2014.8.
14. 藤本崇人市原翔,中島伸一 郎,清水則一:トンネル掘削による地すべり斜面の変位挙動とそのメカニズム考察,第35回西日本岩盤工学シンポジウム論文集pp.57-64,2014.8.
15. Yusuke Kawaguchi, Shinichiro Nakashima and Norikazu Shimizu: Influence of saturation and repeated loading on mechanical behavior of 2 permeable asphalt pavement, Proc. of the 12th International Society for Asphalt Pavements (ISAP2014), 2014.6.
16. 岡本建人,中島伸一郎,清水則一,増成友宏,中矢和貴,中村真:変位計測を目的とした新しいGPSセンサーの開発と性能調査,平成26年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-55,2014.5.(若手優秀発表者賞受賞)
17. 市原翔藤本崇人,中島伸一郎,清水則一:トンネル掘削による地すべり斜面の変位挙動のメカニズムの考察(その3),平成26年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-17,2014.5.
18. 今泉暁音,松尾由樹,坂田力,清水則一:地下空間における時間感覚評価の試み,地下空間シンポジウム論文・報告集,Vol.19,pp.167-174,2014.1.
19. 今泉暁音,小山田彩加,坂田力,伊藤裕美子,清水則一:アンケート調査による若者が抱く地下空間イメージに関する検討,土木学会第68回年次学術講演会講演概要集,CS13-006pp.11-12,2013.9.
20. 伊藤裕美子,清水則一,今泉暁音:地下空間のイメージに与える色と形の影響について,第34回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,pp.67-72,2013.8.
21. 古山陽太,中島伸一郎,清水則一:急傾斜長大斜面におけるGPS変位計測の高精度化とその事例,第34回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,pp.57-60,2013.8.
22. 伊藤裕美子今泉暁音,清水則一:地下空間デザインにおける色と形の評価に関する考察(その2),平成25年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,IV-25,2013.5.
23. 藤本崇人田口和也,中島伸一郎,清水則一:トンネル掘削による地すべり斜面の変位挙動のメカニズムの考察メカニズムの考察(その2),平成25年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-19,2013.5.(若手優秀発表者賞受賞)
24. 川口雄輔池田茜,中島伸一郎,清水則一:乾燥-湿潤および繰返し載荷が透水性舗装の力学挙動に及ぼす影響に関する実験的検討,平成25年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-11,2013.5.
25. 古山陽太板垣壮真,中島伸一郎,清水則一:GPSによる高精度斜面変位計測の実用的手順の検討,平成25年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-3,2013.5.(若手優秀発表者賞受賞)
研究室学生による成果 このページのTOP
2010〜2012年度

1. Akane Ikeda and Shinichiro Nakashima: Effect of soil type and moisture content ofsubgrade soils on permanent deformation ofasphalt pavements,Proc. of the 14th Road Engineering Association of Asia & Australasia (REAAA) Conference 2013, pp.319-326,2013.3.   
2. 池田茜,中島伸一郎,中田幸男,清水則一 :浸水・非浸水条件における透水性舗装の変形特性の評価および必要舗装厚の検討,土木学会論文集E1,Vol.68,No.3,pp.I_29-I_35 No.1,2013.3.   
3. 田口和也,中島伸一郎,船津貴弘,清水則一:粒状体解析を用いた硬岩のモデル化におけるマイクロパラメータ決定の効率化,第13回岩の力学国内シンポジウム&第6回日韓ジョイントシンポジウム講演論文集,pp.265-270,2013.1   
4. 板垣壮真,中島伸一郎,小野雅和,岩崎智治,増成友宏,清水則一:GPSによる長大岩盤斜面の長期変位計測と大気遅延補正,第13回岩の力学国内シンポジウム&第6回日韓ジョイントシンポジウム講演論文集,pp.55-60,2013.1優秀論文賞受賞
5. 板垣壮真山口文司,増成友宏,中島伸一郎,清水則一:GPS 変位計測における準天頂衛星の効果の調査,土木学会第67回年次学術講演会講演概要集,CS8-009,pp.17-18,2012.9.   
6. 池田茜山根慎平,中島伸一郎,清水則一,中田幸男:締固め条件および浸水条件が路床材料の CBR に及ぼす影響と透水性舗装の変形特性の検討,土木学会第67回年次学術講演会講演概要集,V-346,pp.691-692,2012.9.   
7. 田口和也久保田淳,中島伸一郎,清水則一:粒状体解析を用いた硬岩の一軸圧縮・引張試験解析とマイクロパラメータ決定の効率化,土木学会第67回年次学術講演会講演概要集,III-165,pp.329-330,2012.9.   
8. 板垣壮真山口文司,中島伸一郎,清水則一,増成友宏:GPS 変位計測における準天頂衛星利用効果の調査,第33回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,pp.103-106,2012.8.   
9. 上田和男殿村奏,中島伸一郎,清水則一,小堀俊秀,山口嘉一:重力式コンクリートダムにおける GPS 変位計測システムの適用事例,第33回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,pp.99-102,2012.8.   
10. 松田浩朗,筒井隆規,生田圭介,清水則一:上空障害物のあるトンネル坑口斜面におけるGPS変位計測システムの適用,土木学会論文集F1(トンネル工学),Vol.68, No.2,pp.21-28,2012.7.   
11. 田口和也児玉涼,中島伸一郎,清水則一:粒状体解析を用いた硬岩の圧裂試験シミュレーションにおける要素形状の影響,第47回地盤工学研究発表会発表講演集,pp.727-728,2012.7.  
12. 上田和男殿村奏,清水則一,中島伸一郎,山口嘉一,小堀俊秀:GPSによる重力ダム堤体外部変位の3次元連続計測事例,平成24年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-5,2012.6.   
13. 中島伸一郎,平林憲,清水則一,増成友宏,岩崎智治,小野雅和:長大斜面におけるGPS変位計測の大気遅延補正とその効果,資源・素材学会誌「Journal of MMIJ」,Vol.128,No.6,pp.255-264,2012.6.   
14. 田口和也児玉涼,中島伸一郎,清水則一:粒状体解析による硬岩の圧裂試験シミュレーション手法の検討,第41回岩盤力学に関するシンポジウム講演集,pp.168-172,2012.1.
15. 今泉暁音,清水則一,近江桃向井かおり:地下空間デザインのための色と形のイメージプロフィールについて(その3),土木学会第66回年次学術講演会講演概要集,CS5-002,pp.3-4,2011.9.   
16. 殿村奏,中島伸一郎,川崎英明,清水則一,中野太郎,久保田昇助:GPS変位計測システムによるフィルダム堤体変形計測事例とその結果の評価,土木学会第66回年次学術講演会講演概要集,III-352,pp.703-704,2011.9.   
17. 児玉涼田口和也,中島伸一郎,清水則一:一軸引張試験を用いた粒状体解析のパラメータ決定と亀裂進展破壊の数値シミュレーション,土木学会第66回年次学術講演会講演概要集,III-159,pp.317-318,2011.9.   
18. 難波辰弥,清水則一,小野雅和,岩崎智治,増成友宏:長大斜面におけるGPS変位計測と大気遅延補正の効果(その2),土木学会第66回年次学術講演会講演概要集,VI-118,pp.235-236,2011.9.優秀講演論文賞受賞
19. 山口文司,清水則一,中島伸一郎,平野宏幸,神澤幸治,宮田和,臼田芳彦:トンネル掘削による地すべり斜面の三次元変位計測挙動に関する考察,土木学会第66回年次学術講演会講演概要集,III-111,pp.221-222,2011.9.   
20. 殿村奏,中島伸一郎,川崎秀明,清水則一,中野太郎:GPSおよび振動弦型間隙水圧計によるフィルダムの変形・水圧挙動観測,第32回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,pp.81-84,2011.9.   
21. 児玉涼田口和也,中島伸一郎,清水則一:粒状体解析手法による硬岩の引張破壊シミュレーション,第32回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,pp.23-26,2011.9.   
22. 池田茜殿村奏,中島伸一郎,清水則一:繰返し載荷条件下における透水性舗装の力学挙動に関する基礎的検討,第46回地盤工学研究発表会発表講演集,pp.935-936,2011.7.   
23. 田口和也児玉涼,中島伸一郎,清水則一:粒状体解析による載荷条件を考慮した硬岩の圧裂試験シミュレーション,第46回地盤工学研究発表会発表講演集,pp.469-470,2011.7.
24. 板垣壮真難波辰弥,増成友宏,中島伸一郎,清水則一:GPS変位計測における大気遅延誤差の補正について,第46回地盤工学研究発表会発表講演集,pp.143-144,2011.7.   
25. 板垣壮真難波辰弥,増成友宏,中島伸一郎,清水則一:高低差の大きい斜面におけるGPS変位計測と大気遅延補正の効果(その2),平成23年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,IV-12,2011.5.   
26. 池田茜殿村奏,中島伸一郎,清水則一:繰返し載荷条件下における透水性舗装の変形特性に関する実験的検討,平成23年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-15,2011.5.   
27. 田口和也児玉涼,中島伸一郎,清水則一:粒状体解析を用いた硬岩のモデル化における圧裂試験シミュレーション手法の検討,平成23年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-4,2011.5.   
28. 中島伸一郎,児玉涼井上健太郎,清水則一:粒状体解析による硬岩のモデル化における圧裂引張試験と一軸引張試験の適用性,第40回岩盤力学に関するシンポジウム講演集,pp.167-172,2011.1.   
29. 今泉暁音向井かおり増田美佳,清水則一:形と色と力学的な観点に基づく地下空間イメージの考察,地下空間シンポジウム論文・報告集,Vol.16,pp.167-174,2011.1.(優秀講演論文賞受賞
30. 今泉暁音向井かおり,清水則一:地下空間デザインのための色と形のイメージプロフィールについて(その2),土木学会第65回年次学術講演会講演概要集,CS9-017,pp.33-34,2010.9.   
31. 生田圭介,中島伸一郎,清水則一,松田浩朗,筒井隆規:トンネル坑口斜面の安全管理に対するGPS変位計測システムの適用,土木学会第65回年次学術講演会講演概要集,III-419,pp.837-838,2010.9.   
32. 生田圭介,中島伸一郎,清水則一,松田浩朗,筒井隆規:GPSによるトンネル坑口斜面の3次元変位連続計測とその評価,第30回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,pp.65-72,2010.9.   
33. 児玉涼井上健太郎,中島伸一郎,清水則一:一軸圧縮・引張試験を用いた粒状体解析手法による花崗岩のモデル化,平成22年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-22,2010.5.若手優秀発表者賞受賞
34. 山口文司生田圭介,中島伸一郎,清水則一,松田博朗,筒井隆規:切土掘削時におけるのり肩のGPS三次元変位計測,平成22年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-6,2010.5.若手優秀発表者賞受賞
35. 難波辰弥平林憲,中島伸一郎,増成友宏,清水則一:高低差の大きい斜面におけるGPS変位計測と大気遅延補正の効果,平成22年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-5,2010.5.   
36. 殿村奏中野太郎川田陽介,中島伸一郎,川崎秀明,清水則一,川島敏幸:フィルダム堤体外部変位挙動把握へのGPS変位計測システムの適用,平成22年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-4,2010.5.   
37. 向井かおり今泉暁音,清水則一:地下空間デザインにおける色と形の評価に関する考察,平成22年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-1,2010.5.   
研究室学生による成果 このページのTOP
2007〜2009年度

1. 生田圭介平川隼敏,清水則一,松田浩朗,筒井隆規:GPSによるトンネル坑口斜面の3次元変位連続計測−上空障害物の影響低減法の適用−,第39回岩盤力学に関するシンポジウム講演集,pp.393-398,2010.1.   
2. 川田陽介中野太郎,川崎秀明,清水則一,三村陽一,川島敏幸:湛水時におけるフィルダム堤体外部変位のGPSによる連続計測事例,第39回岩盤力学に関するシンポジウム講演集,pp.162-167,2010.1.   
3. 平林憲于萌萌,清水則一,小野雅和,岩崎智治,増成友宏:長大斜面におけるGPS変位計測と大気遅延補正の効果,第39回岩盤力学に関するシンポジウム講演集,pp.157-161,2010.1.   
4. K. Hirabayashi, N. Shimizu, M. Ono, T. Masunari, W. Sato and T. Iwasaki: GPS displacement monitoring at large slopes of a limestone quarry and improvements of the meteorological measurement error, Proc. of the 2009 Korea-Japan Joint Symp. on Rock Engineering, pp.325-333, 2009.10.   
5. K. Imatomi, N. Shimizu, H. Hirano, K. Kanzawa and Y. Usuda: Discussion on the mechanism of the displacement behavior of a landslide slope due to tunnel excavations, Proc. of the 2009 Korea-Japan Joint Symp. on Rock Engineering, pp.265-272, 2009.10.   
6. K. Inoue, T. Funatsu and N. Shimizu: Influence of clump radius on the mechanical properties of hard rocks in the clumped particle model, Proc. of the 2009 Korea-Japan Joint Symp. on Rock Engineering, pp.153-160, 2009.10.   
7. 今泉暁音増田美佳,清水則一:地下空間デザインのための色と形のイメージプロフィールについて,土木学会第64回年次学術講演会講演概要集,CS10-6,pp.383-389,2009.9.
8. 平林憲于萌萌,清水則一,岩崎智治,佐藤渉:長大斜面におけるGPS 変位計測に対する大気遅延補正法の適用事例,土木学会第64回年次学術講演会講演概要集,VI-138,pp.275-276,2009.9.   
9. 今富公太,清水則一,平野宏幸:トンネル掘削による地すべり斜面の変位挙動のメカニズムの考察,土木学会第64回年次学術講演会講演概要集,III-383,pp.765-766,2009.9.(優秀講演者賞受賞)
10. 井上健太郎三輪旭,清水則一,船津貴弘:クランプモデルを用いた粒状体解析手法による硬岩のモデル化におけるマイクロパラメータ決定手順,土木学会第64回年次学術講演会講演概要集,III-143,pp.285-286,2009.9.   
11. 林祐典,三村陽一,清水則一,柏柳正之,納谷宏,浅利晋一郎,窪井良:拡散レーザ変位計の性能調査のための変位シミュレーション実験,第61回土木学会中国支部研究発表会発表概要集,IV-7,2009.5.   
12. 川田陽介平川隼敏,三村陽一,清水則一,川島敏幸,周田修,山賀昭:GPSによるフィルダム堤体外部変形の連続計測事例,第61回土木学会中国支部研究発表会発表概要集,IV-6,2009.5.   
13. 三輪旭井上健太郎米田直広,船津貴弘,三村陽一,清水則一:粒状体解析手法を用いた硬岩のモデル化におけるマイクロパラメータ決定手順の検討,第61回土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-38,2009.5.   
14. 生田圭介平川隼敏,三村陽一,清水則一,松田浩朗,筒井隆規:上空障害物の影響低減手法を適用したGPS変位計測−トンネル坑口斜面への適用−,第61回土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-12,2009.5.   
15. 柏柳正之,吉元義隆,石川昌義,清水則一:計測に基づく既設地下発電所挙動評価のケーススタディ,第38回岩盤力学に関するシンポジウム講演集,pp.214-219,2009.1.   
16. 船津貴弘,李茜,清水則一,瀬戸政宏,松井紀久男:粒状体解析手法による岩石の亀裂進展挙動に関する検討,資源・素材学会「Journal of MMIJ」,Vol.124,No.10,11合併号,pp.611-618,2008.11.   
17. 増成友宏,武智美明,田村尚之,船津貴弘,清水則一:GPS変位計測における上空障害物の影響とその低減法,土木学会論文集F,Vol.64,No.4,pp.394-402,2008.11.   
18. K. Hirabayashi, K. Nakaya,N. Shimizu, S. Matsubara and T. Matsumoto: Continuous three dimensional displacements monitoring for assessment of the slope stability: A case study of limestone quarry, Proc. of the Korean Rock Mechanics Symp. 2008, pp.199-206, 2008.10.   
19. 船津貴弘,李茜,清水則一:クランプモデルによる破壊靭性試験シミュレーション,第12回岩の力学国内シンポジウム講演論文集&第29回西日本岩盤工学シンポジウム,pp.947-951,2008.9.   
20. 井上健太郎李茜米田直広,船津貴弘,清水則一:クランプモデルによる硬岩のモデル化におけるマイクロパラメータの影響,第12回岩の力学国内シンポジウム講演論文集&第29回西日本岩盤工学シンポジウム,pp.941-945,2008.9.   
21. K. Imatomi, N. Shimizu, H. Hirano, K. Kanzawa and Y. Usuda: Displacement behavior of a landslide slope due to tunnel excavations and a discussion on its mechanism,Proc. EIT-JSCE Joint Int. Symp. ”Monitoring & Modelling in Geo-Engineering”,pp.166-169,2008.9.   
22. M. Masuda, A. Imaizumi and N. Shimizu: Underground space design - an alternative approach,Proc. 12th Japan Symp. on Rock Mechanics & 29th Western Japan Symp. on Rock Engineering,pp.437-441,2008.9.   
23. T. Funatsu, T. Hoshino, H. Sawae and N. Shimizu:Numerical Analysis to Better Understand the Mechanism of the Effects of Ground Supports and Reinforcements on the Stability of Tunnels Using the Distinct Element Method,Tunneling and Underground Space Technology, Vol.23, Issue 5,pp.561-573,2008.9,   
24. 船津貴弘,李茜米田直広,清水則一:高応力下の硬岩地山における立坑掘削シミュレーション,土木学会第63回年次学術講演会講演概要集,CS05-48,pp.263-264,2008.6.
25. 中村賢治平川隼敏,船津貴弘,清水則一:GPSによるトンネル坑口斜面の変位計測と上空障害物の影響の除去,第60回土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-11,2008.6.
26. 平林憲中矢和貴,清水則一,船津貴弘:GPS変位モニタリングシステムに基づく長大岩盤斜面の安定監視と3次元変位計測結果の評価法の検討,第60回土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-10,2008.6.(若手優秀発表者賞受賞)
27. 今富公太中矢和貴,清水則一,船津貴弘:トンネル掘削による地すべり斜面の挙動に関する数値シミュレーション,第60回土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-9,2008.6.   
28. 井上健太郎李茜米田直広,清水則一,船津貴弘:硬岩の粒状体解析手法によるモデル化のための数値シミュレーション,第60回土木学会中国支部研究発表会発表概要集,III-8,2008.6.   
29. T. Funatsu, Q. Li and N. Shimizu: Modeling of Hard Rock by Particle Flow Code,Proc. 2nd YU-KICT-CBNU Joint Workshop,pp.96-99, 2008.3.   
30. 船津貴弘,李茜石川昌義米田直広,清水則一:粒状体解析手法による岩石の破壊靭性試験の解析,第37回岩盤力学に関するシンポジウム講演集,pp.319-322,2008.1.   
31. 中矢和貴神谷康司,山根昇,清水則一,船津貴弘,梶谷啓介,川地真司:石灰石鉱山におけるGPSによる長大斜面の長期変位計測と安全監視事例(その2),資源・素材学会秋季大会’07(名古屋), 企画発表・講演資料(A)(B)講演資料,B6-3,pp.253-254,2007.9.   
32. 李茜,船津貴弘,清水則一:粒状体解析手法による岩石のモードI破壊靭性シミュレーション,資源・素材学会秋季大会’07(名古屋), 企画発表・講演資料(A)(B)講演資料,A2-5,pp.69-70,2007.9.
33. 増田美佳,清水則一,今泉暁音:地下空間に対する動画を用いた感性評価と力学評価の組み合わせ,土木学会第62回年次学術講演会講演概要集,CS10-007,pp.431-432,2007.9.(優秀講演者賞受賞)
34. 石川昌義李茜米田直広,船津貴弘,清水則一:高圧下の硬岩地山での立坑掘削による亀裂進展問題への粒状体解析手法の適用〜大深度立坑掘削への適用〜,土木学会第62回年次学術講演会講演概要集,CS5-057,pp.273-274,2007.9.   
35. 李茜石川昌義米田直広,船津貴弘,清水則一:高圧下の硬岩地山での立坑掘削による亀裂進展問題への粒状体解析手法の適用〜カナダURLトンネル掘削への適用〜,土木学会第62回年次学術講演会講演概要集,CS5-056,pp.271-272,2007.9.   
36. 中矢和貴,清水則一,船津貴弘,梶谷啓介,川地真司:石灰石鉱山におけるGPSによる長大斜面の長期変位計測と安全監視事例,土木学会第62回年次学術講演会講演概要集,VI-068,pp.135-136,2007.9.   
37. 平川隼敏田村尚之,清水則一,船津貴弘,増成友宏:GPS変位計測における上空障害物の影響調査と精度改善手法の検討(その3),土木学会第62回年次学術講演会講演概要集,VI-067,pp.133-134,2007.9.   
38. 于萌萌田村尚之,清水則一,船津貴弘,増成友宏:GPS変位計測の精度向上を目指した対流圏伝搬遅延補正の妥当性の検討(その3),土木学会第62回年次学術講演会講演概要集,VI-066,pp.131-132,2007.9.   
39. 李茜,船津貴弘,清水則一:粒状体解析手法によるSCB試験シミュレーション,第28回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,pp.61-64,2007.9.   
40. T. Funatsu, M. Ishikawa, Q. Li, N. Shimizu and M. Seto: Study on the numerical modeling of crack propagation in rock by the distinct element method, Proc. of the 11th Cong. of the Int. Society for Rock Mechanics (ISRM2007), Lisbon, PORTUGAL, Vol.1, pp.439-442, 2007.7.   
41. 于萌萌田村尚之,清水則一,船津貴弘,増成友宏,武智美明:GPS変位計測の精度向上を目指した対流圏伝搬遅延補正の妥当性の検証(その2),第59回土木学会中国支部研究発表会講演概要集,III-25,pp.209-210,2007.6.   
42. 米田直広石川昌義李茜,船津貴弘,清水則一:粒状体解析手法による硬岩の割裂引張試験シミュレーション,第59回土木学会中国支部研究発表会講演概要集,III-20,pp.199-200,2007.6.   
43. 平川隼敏田村尚之,清水則一,船津貴弘,増成友宏,武智美明:GPS変位計測における上空障害物の影響調査と精度改善手法の検討(その2),第59回土木学会中国支部研究発表会講演概要集,III-17,pp.193-194,2007.6.   
研究室学生による成果 このページのTOP

2004〜2006年度

1. T. Funatsu, T. Hoshino, M. Ishikawa and N. Shimizu: Numerical analysis for better understanding mechanism of support effect on ground stability by using Distinct Element Method, Proc. of the 4th Asian Rock Mechanics Symp., ISRM Int. Symp. 2006, Rock Mechanics in Underground Construction, Singapore, World Scientific, p.250, CD-ROM, No.127, 8p, 2006.11.   
2. 船津貴弘,足立光,清水則一,佐藤稔紀,山地宏志:硬岩地山における高抜け発生に関する数値解析による検討,土木学会第61回年次学術講演会講演概要集,CS05-034,pp.273-274,2006.9.
3. 田村尚之宇野豊,増成友宏,武智美明,清水則一,船津貴弘:GPS変位計測の精度向上を目指した対流圏伝搬遅延補正の妥当性の検証,土木学会第61回年次学術講演会講演概要集,III-221,pp.437-438,2006.9.   
4. 神谷康司藤井哲也,増成友宏,武智美明,清水則一,船津貴弘:GPS変位計測における上空障害物の影響調査と精度改善手法の検討,土木学会第61回年次学術講演会講演概要集,III-220,pp.435-436,2006.9.   
5. 石川昌義石井啓一,福原明,池口幸宏,吉本義隆,清水則一,船津貴弘:建設中の計測結果を活用した地下発電所空洞の維持管理法に関する検討,土木学会第61回年次学術講演会講演概要集,III-79,pp.157-158,2006.9.   
6. 李茜足立光,船津貴弘,清水則一:粒状体解析手法を用いた硬岩のモデル化の検討,第58回土木学会中国支部研究発表会講演概要集,III-62,pp.307-308,2006.6.   
7. 中矢和貴藤井哲也,船津貴弘,清水則一:GPSによる3次元変位計測に基づく斜面安定性評価法の改善,第58回土木学会中国支部研究発表会講演概要集,III-33,pp.249-250,2006.6.   
8. 光清良二田村尚之,清水則一,船津貴弘:GPSによる3次元変位計測結果に及ぼす周辺障害物の影響,第58回土木学会中国支部研究発表会講演概要集,III-32,pp.247-248,2006.6.   
9. 竹尾早代今泉暁音,清水則一,櫻井春輔:形状の動的性と力学的良好性を総合した地下空間の形の評価,土木学会第60回年次学術講演会講演概要集,CS7-004,pp.267-268,2005.9.(優秀講演者賞受賞)
10. T. Funatsu, K. Adachi, T. Hoshino and N. Shimizu: Numerical analysis for better understanding mechanism of ground support effects on Stability of Tunnels by Using Distinct Element Method, Proc. 2005 East Asia Joint Symp. on Rock Engineering, Fukuoka,pp.203-209, 2005.8.   
11. 神谷康司,清水則一,田中隆一郎:変位計測に基づくトンネル坑口斜面の安全監視に関する検討,土木学会中国支部第57回研究発表会発表講演概要集,IV-3,pp.511-512,2005.5.   
12. 石川昌義足立光,清水則一,田中隆一郎,柏柳正之:地下空洞における岩盤の先行補強と掘削後補強の逆解析による効果の比較,土木学会中国支部第57回研究発表会発表講演概要集,III-59,pp.313-314,2005.5.   
13. 田村尚之菅航太郎,杉山吉則,清水則一,田中隆一郎:GPSによる地すべり斜面の連続変位計測−山口県西津黄地区(その5)−,土木学会中国支部第57回研究発表会発表概要集,III-40,pp.275-276,2005.5.(若手優秀発表者賞受賞)
14. 竹尾早代今泉暁音,清水則一,櫻井春輔:断面の傾きと色を変化させた地下空間に対するアンケート結果,土木学会第59回年次学術講演会講演概要集,CS5-003,pp.177-178,2004.9.(優秀講演者賞受賞)
15. 菅航太郎,清水則一,秋山晋八,杉山吉良,小田定良:GPS変位モニタリングシステムによる地すべり変位観測−山口県西津黄における連続計測(その4)−,土木学会第59回年次学術講演会講演概要集,III-149,pp.297-298,2004.9.   
16. 宇野豊秋山晋八,清水則一:GPSによる斜面の微小変位の検出方法の検討,土木学会第59回年次学術講演会講演概要集,III-148,pp.295-296,2004.9.   
17. 藤井哲也,清水則一,秋山晋八,岩崎智治,増成友宏:GPSによる計測変位の精度向上と斜面内のすべり面の特定に関する研究,土木学会第59回年次学術講演会講演概要集,III-147,pp.293-294,2004.9.(優秀講演者賞受賞)
18. 足立光,清水則一,村尾典孝,星野貴史:未固結地山におけるトンネルのロックボルトの補強効果に関する考察,土木学会第59回年次学術講演会講演概要集,III-101,pp.201-202,2004.9.   
19. 松田浩朗野村貴司藤谷隆之,清水則一:不連続性岩盤斜面における3次元変位計測結果の一評価法,土木学会論文集,No.764/III-67,pp.157-167,2004.6.   
20. 足立光星野貴史,柏柳正之,清水則一:地下空間におけるケーブルボルトによる先行補強工の設計について,土木学会中国支部第56回研究発表会発表概要集,III-72,pp.337-338,2004.5.   
21. 宇野豊秋山晋八,清水則一:GPSによる斜面の微小変位検出の可能性について,土木学会中国支部第56回研究発表会発表概要集,III-71,pp.335-336,2004.5.(若手優秀発表者賞受賞)
22. 藤井哲也秋山晋八松田浩朗,清水則一:GPSによる3次元変位計測結果に基づく不連続性岩盤斜面に対する安定評価法,土木学会中国支部第56回研究発表会発表概要集,III-70,pp.333-334,2004.5.   
23. 村尾典孝,星野貴史足立光,清水則一:ボルトによる地盤補強のメカニズムについて,土木学会中国支部第56回研究発表会発表概要集,III-69,pp.331-332,2004.5.   
研究室学生による成果 このページのTOP

2001〜2003年度

1. 今泉暁音,清水則一:感性と力学に基づく地下空間形状の評価〜斜め断面形状を例として〜,土木学会第58回年次学術講演会講演概要集,共通セッション,CS12-009,pp.559-560,2003.9.
2. 松田浩朗野村貴司藤谷隆之,清水則一:GPSによる3 次元変位計測結果に基づく不連続性岩盤斜面の安定評価法の提案,土木学会第58回年次学術講演会講演概要集,III-203,pp.405-406,2003.9.
3. N. Shimizu and H. Matsuda: Displacement monitoring using GPS and its interpretation method for the assessment of slope stability, Proc. of the 6th Int. Symp. on Field Measurements in Geomechanics (FMGM03), Oslo-Norway, pp.657-664, 2003.9.
4. 秋山晋八野村貴司松田浩朗,佐藤泰史,清水則一,岩崎智治,武石朗,増成友宏:GPSによる変位計測の高精度化を目的とした計測結果の処理法に関する検討,土木学会第58回年次学術講演会講演概要集,III-201,pp.401-402,2003.9.
5. 仲山亮史辛島義庸,清水則一,近久博志,阿保寿郎,松田浩朗:GPSと精密写真測量法を結合した新しい地盤変位計測に関する基礎研究,土木学会第58回年次学術講演会講演概要集,III-200,pp.399-400,2003.9.
6. 今泉暁音,清水則一,櫻井春輔:感性と力学を総合した地下空間形状のデザインに関する研究,土木学会論文集,No.742/VI-60,pp.159-168,2003.9.
7. 星野貴史澤江宏徳,清水則一:未固結地山における併設トンネル周辺のゆるみ領域発生のメカニズムに関する考察,土木学会第58回年次学術講演会講演概要集,III-038,pp.75-76,2003.9.
8. 松田浩朗,清水則一,吉冨 功,川畑一洋,千葉敏博,頓所幹宏:GPSによる長大斜面の変位計測の精度について,資源・素材学会誌「Journal of MMIJ」,Vol.119,No.6,7,pp.387-395,2003.7.
9. 松田浩朗,清水則一,工藤洋三:単独測位用GPS受信機による地盤変位計測の可能性,土木学会論文集,No.735/IV-59,pp.221-226,2003.6.
10. 竹尾早代,清水則一:地下空間デザインにおける空間構成評価に対するフラクタル理論の応用,土木学会中国支部第55回研究発表会発表概要集,IV-3,pp.351-352,2003.5.
11. 新田崇星野貴史澤江宏徳,清水則一:粒状体解析に基づくトンネル切羽安定のメカニズムに関する考察,土木学会中国支部第55回研究発表会発表概要集,III-32,pp.257-258,2003.5.
12. 秋山晋八佐藤泰史,清水則一,鉄賀博巳,伊藤拓治:自動データ通信機能を持つGPS変位計測システムによる地すべり変位計測,土木学会中国支部第55回研究発表会発表概要集,III-13,pp.219-220,2003.5.
13. 今泉暁音,清水則一,櫻井春輔:地下空間における感性的評価と力学評価の関係に関する考察,第32回岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集,pp.299-304,2003.1.
14. 今泉暁音,清水則一,櫻井春輔:地下空間形状における感性評価と力学的評価の関係について,地下空間シンポジウム論文・報告集,Vol.8,B2-1,pp.179-186,2003.1.
15. 清水則一,安部達也澤江宏徳,重田佳幸:砂質地山トンネルの力学的挙動と支保効果のメカニズムについて,トンネル工学研究論文・報告集,Vol.12,pp.153-158,2002.11.
16. 今泉暁音,清水則一,櫻井春輔:地下空間形状の感性評価結果と力学的感度の関係について,土木学会第57回年次学術講演会講演概要集,CS1-010,pp.19-20,2002.9.(優秀講演者賞受賞)
17. 秋山晋八野村貴司藤谷隆之松田浩朗,清水則一,坂尾和男,鉄賀博巳,松永博則:GPS による地すべり変位計測 〜山口県西津黄における連続観測(その3)〜,土木学会第57回年次学術講演会講演概要集,III-398,pp.795-796,2002.9.(優秀講演者賞受賞)
18. 清水則一,野村貴司松田浩朗藤谷隆之:GPS による連続変位計測と不連続面調査結果を用いた斜面の安定評価法について,土木学会第57回年次学術講演会講演概要集,III-397,pp.793-794,2002.9.
19. 松田浩朗,清水則一,工藤洋三:単独測位用GPS 受信機による地盤変位計測について,土木学会第57回年次学術講演会講演概要集,III-396,pp.791-792,2002.9.
20. 澤江宏徳安部達也,清水則一:砂質地山におけるトンネルの支保効果のメカニズムに関する考察,土木学会第57回年次学術講演会講演概要集,III-259,pp.517-518,2002.9.
21. 星野貴史深光良介岩崎進一郎,清水則一,柏柳正之,鳥羽瀬孝臣,伊藤文雄:ケーブルボルトによる地下空洞岩盤の先行補強に関する現場実験〜逆解析による評価〜,土木学会第57回年次学術講演会講演概要集,III-255,pp.509-510,2002.9.(優秀講演者賞受賞)
22. 岩崎進一郎深光良介星野貴史,清水則一,柏柳正之,鳥羽瀬孝臣,伊藤文雄:ケーブルボルトによる地下空洞岩盤の先行補強に関する現場実験〜数値解析による評価〜,土木学会第57回年次学術講演会講演概要集,III-253,pp.505-506,2002.9.
23. 松田浩朗安立寛西村好恵,清水則一:GPSによる斜面変位計測結果の平滑化処理法と変位挙動予測手法の実用性の検証,土木学会論文集,No.715/III-60,pp.333-343,2002.9.
24. N. Shimizu and H. Matsuda: Practical applications of the Global Positioning System for the assessment of slope stability based on the Displacement monitoring Approach, Proc. of the 2002 ISRM Regional Symp. (3rd Korea-Japan Joint Symp.) on Rock Engineering Problems and Approaches in Underground Construction, KJ-Rock2002, Seoul, pp.57-70, 2002.7.
25. N. Shimizu, A. Imaizumi and S. Sakurai: An approach using human perception together with rock mechanics to design the shape of underground space, Proc. of the 5th North American Rock mechanics Symp. and 17th Tunnelling Association of Canada Conf. (NARMS-TAC2002), Vol.2,pp.1333-1338, 2002.7.
26. 秋山晋八野村貴司藤谷隆之松田浩朗,清水則一,坂尾和男,鉄賀博巳,松永博則:GPSによる地すべり変位計測〜山口県西津黄地区における連続計測(その2)〜,土木学会中国支部第54回研究発表会発表概要集,III-71,pp.377-378,2002.6.
27. 星野貴史岩崎進一郎深光良介,清水則一:ケーブルボルトによる岩盤の先行補強効果の逆解析に基づく評価(予備解析),土木学会中国支部第54回研究発表会発表概要集,III-68,pp.371-372,2002.6.
28. 今泉暁音,清水則一,櫻井春輔:地下空間の形状評価における感性と力学解析の融合について,地下空間シンポジウム論文・報告集,Vol.7,pp.189-194,2002.1.
29. 松田浩朗,清水則一,工藤洋三:単独測位用GPS 受信機による地盤変位計測の可能性について,第11回岩の力学国内シンポジウム講演論文集,CD-ROM,H12,2002.1.
30. 松田浩朗,清水則一,工藤洋三:Selective Availability(SA)解除後のパソコンGPSの測位精度に関する研究,土木学会論文集,No.693/VI-53,pp.245-249,2001.12.
31. 今泉暁音,清水則一,桜井春輔:地下空間設計における感性評価と力学解析の融合の試み,土木学会第56回年次学術講演会講演概要集,CS8-001,pp.476-477,2001.10.
32. 松田浩朗西村好恵,清水則一:GPS による変位計測結果の処理,土木学会第56回年次学術講演会講演概要集,VI-150,pp.300-301,2001.10.
33. 藤谷隆之野村貴志,清水則一,坂尾和男:GPS による火山活動変位計測結果の平滑化,土木学会第56回年次学術講演会講演概要集,III-B346,pp.692-693,2001.10.
34. 安部達也澤江宏徳,清水則一,T.G.Sitharam:粒状体モデルによるトンネル掘削シミュレーションに関する基礎的研究,土木学会第56回年次学術講演会講演概要集,III-B339,pp.678-679,2001.10.
35. 深光良介岩崎進一郎,清水則一,柏柳正之,鳥羽瀬孝臣,伊藤文雄:地下空洞岩盤のケーブルボルトによる先行補強に関する現場実験結果,土木学会第56回年次学術講演会講演概要集,III-B044,pp.88-89,2001.10.(優秀講演者賞受賞)
36. 清水則一,松田浩朗:GPS変位計測に基づく大規模残壁の安定性評価〜成果と課題〜,資源・素材学会秋季大会’01(札幌),企画発表・一般発表(A)(B)講演資料(岩盤工学),pp.79-82,2001.9.
37. 松田浩朗西村好恵,清水則一,吉富功,今行忠:秋芳鉱山における残壁のGPSによる長期変位計測,第22回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,pp.73-76,2001.7.
38. 清水則一,松田浩朗:斜面の安全評価のための変位モニタリングアプローチ,第22回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,pp.7-12,2001.7.
39. N. Shimizu and H. Matsuda: Displacement Monitoring Approach for Assessing Slope Stability Using Global Positioning System, Proc. of the Int. Conf. on Civil Engineering, Bangalore, Vol.1 (Invited Keynote Paper), pp.144-156, 2001.7.
40. 後藤由奈,坂尾和男,清水則一,安原和徳:遺産建物保存へのバーチャルリアリティの応用,土木学会中国支部第53回研究発表会発表概要集,IV-6,pp.489-490,2001.6.
41. 西村好恵松田浩明,清水則一,吉富功,今行忠:GPSによる石灰石鉱山斜面挙動の長期モニタリング,土木学会中国支部第53回研究発表会発表概要集,III-91,pp.429-430,2001.6.
42. 山下睦男,清水則一:軟弱地盤における道路拡幅工事への軽量盛土工法の適用とその考察,土木学会中国支部第53回研究発表会発表概要集,III-84,pp.415-416,2001.6.(若手優秀発表者賞受賞)
43. 今泉暁音,清水則一,櫻井春輔:SD法に基づく地下空間の快適性評価に関する研究,土木学会中国支部第53回研究発表会発表概要集,III-77,pp.401-402,2001.6.(若手優秀発表者賞受賞)
44. 澤江宏徳安部達也,清水則一,T.G.Sitharam:個別要素法による粒状体の載荷試験の数値シミュレーション,土木学会中国支部第53回研究発表会発表概要集,III-65,pp.377-378,2001.6.(若手優秀発表者賞受賞)
45. 仲山亮史,清水則一,西川直志:デジタルカメラを用いた写真測量によるトンネル内空変位計測実験,土木学会中国支部第53回研究発表会発表概要集,III-35,pp.317-318,2001.6.
46. 岩崎進一郎深光良介,清水則一,柏柳正之,鳥羽瀬孝臣,伊藤文雄:地下空洞におけるケーブルボルトによる岩盤の先行補強に関する現場実験,土木学会中国支部第53回研究発表会発表概要集,III-34,pp.315-316,2001.6.(若手優秀発表者賞受賞)
47. 野村貴司藤谷隆之,坂尾和男,清水則一,鉄賀博巳,松永博則:GPSによる地すべり変位連続計測〜山口県西津黄地区における適用〜,土木学会中国支部第53回研究発表会発表概要集,III-13,pp.273-274,2001.6.(若手優秀発表者賞受賞)
研究室学生による成果 このページのTOP

1997〜2000年度

1. 伊藤文雄,羽馬徹,清水則一,成川麻里子:ケーブルボルト施工のためのグラウト注入実験,土木学会第55回年次学術講演会講演概要集,III-B81,2000.9.
2. 松田浩朗西村好恵,清水則一,坂尾和男:長大斜面におけるGPSによる変位計測,土木学会第55回年次学術講演会講演概要集,III-A192,2000.9.
3. 満倉幹,清水則一,永谷政一:宇部市の活性化を目指したデジタル写真集の制作,土木学会中国支部第52回研究発表会発表概要集,IV-49,pp.559-560,2000.6.
4. 原井陽子,清水則一,西川直志:デジタルモデリングによる岩盤斜面の3次元測量について,土木学会中国支部第52回研究発表会発表概要集,III-69,pp.409-410,2000.6.
5. 宇都宮俊貞,清水則一,瀬原洋一,大田清栄,中原孝夫,舌崎恵勝:GPSによる地すべり変位計測〜山口県向津具半島における適用〜,土木学会中国支部第52回研究発表会発表概要集,III-68,pp.407-408,2000.6.
6. 藤谷隆之,清水則一,荒井正,西村好恵松田浩朗:GPSによる地すべり変位の長期計測〜長野県倉並地すべり地の計測結果〜,土木学会中国支部第52回研究発表会発表概要集,III-67,pp.405-406,2000.6.(若手優秀発表者賞受賞)
7. 松田浩朗,坂尾和男,清水則一:超長大斜面の変位計測へのGPSの適用,土木学会中国支部第52回研究発表会発表概要集,III-66,pp.403-404,2000.6.
8. 深光良介松田浩朗,清水則一:不連続面調査と変位計測結果を用いた岩盤斜面の安定評価について,土木学会中国支部第52回研究発表会発表概要集,III-65,pp.401-402,2000.6.(若手優秀発表者賞受賞)
9. 成川麻里子,清水則一,伊藤文雄:ケーブルボルトのせん断補強効果に関する実験と数値解析,土木学会中国支部第52回研究発表会発表概要集,III-62,pp.395-396,2000.6.
10. T. Abe, T. Sitharam and N. Shimizu:Modeling the behavior of shallow tunnel due to ground surface excavation using FLAC,土木学会中国支部第52回研究発表会発表概要集,III-49,pp.369-370,2000.6.
11. 松田浩朗西村好恵,清水則一,荒井正,会津隆士:ソーラーパネル電源を用いたGPS受信機による地すべり変位の連続観測,第35回地盤工学研究発表会発表講演集,pp.2483-2484,2000.6.
12. 清水則一,安立寛,荒井正,会津隆志:地すべり監視におけるGPS変位モニタリングシステムの適用,地盤工学会誌「土と基礎」,Vol.48,No.2,pp.25-27,2000.2.
13. 中川倫孝,清水則一,荒本達也,武田智治:軟岩に対するケーブルボルトの補強効果のメカニズムに関する考察,土木学会第54回年次学術講演会講演概要集,III-B49,pp.98-99,1999.9.
14. 松田浩朗,清水則一,西村好恵安立寛:GPS変位モニタリングシステムによる変位計測結果に基づく斜面の崩壊時刻の予測手法について,土木学会第54回年次学術講演会講演概要集,III-A224,1999.9.
15. 坂尾和男,松本竜馬,清水則一:無線によるデータ通信可能な省電力型GPS受信機の性能調査,土木学会中国支部第51回研究発表会発表概要集,III-67,pp.397-398,1999.6.
16. 西村好恵松田浩朗安立寛,清水則一:GPS変位モニタリングシステムによる連続計測結果の評価,土木学会中国支部第51回研究発表会発表概要集,III-66,pp.395-396,1999.6.(若手優秀発表賞受賞)
17. 荒本達也中川倫孝,武田智治,清水則一:軟岩に対するケーブルボルトの作用効果のメカニズムに関する考察,土木学会中国支部第51回研究発表会発表概要集,III-13,pp.289-290,1999.6.
18. 荒井正,清水則一,安立寛西村好恵:地すべり変位計測へのGPS変位モニタリングシステムの適用,第29回岩盤力学に関するシンポジウム,pp.286-290,1999.1.
19. 清水則一,小島穣:地下空洞におけるケーブルボルトの最適配置の検討―付着強度に着目して―,第29回岩盤力学に関するシンポジウム,pp.91-95,1999.1.
20. 小島穣成川麻里子,清水則一:ケーブルボルトによる不連続性岩盤の先行補強効果の数値シミュレーション,土木学会第53回年次学術講演会講演概要集,III-B126,pp.252-253,1998.10.
21. 武田智治馬杉篤志,清水則一:ケーブルボルトによる軟岩トンネルの先行補強効果の数値シミュレーション,土木学会第53回年次学術講演会講演概要集,III-B105,pp.210-211,1998.10.
22. 安立寛,清水則一:GPS変位モニタリングシステムによる長大斜面の変位計測結果の平滑化,土木学会第53回年次学術講演会講演概要集,III-A246,pp.488-489,1998.10.
23. 麻生寛興安立寛,清水則一:地表面変位計測に基づく斜面の安定性評価に関する検討,土木学会中国支部第50回研究発表会発表概要集,III-90,pp.435-436,1998.6.
24. 島村陽子安立寛,清水則一:GPS連続モニタリングシステムによる斜面変位計測結果の評価法,土木学会中国支部第50回研究発表会発表概要集,III-89,pp.433-434,1998.6.
25. 山田猛,坂尾和男,清水則一:省電力型GPS測量受信機の計測精度の調査−長大斜面の変位モニタリングに関連して−,土木学会中国支部第50回研究発表会発表概要集,III-88,pp.431-432,1998.6.
26. 成川麻里子小島穣,清水則一:ケーブルボルトによる不連続性岩盤の補強効果について,土木学会中国支部第50回研究発表会発表概要集,III-86,pp.427-428,1998.6.
27. 清水則一,安立寛小山修治:GPS変位モニタリングシステムによる斜面変位計測結果の平滑化に関する研究,資源・素材学会誌「Journal of MMIJ」,Vo.114,No.6,pp.9-14,1998.6.
28. 中川倫孝武田智治,清水則一:ケーブルボルトによるトンネルの事前補強効果について,土木学会中国支部第50回研究発表会発表概要集,III-85,pp.425-426,1998.6.
29. 馬杉篤司武田智治,清水則一:ケーブルボルトによる軟岩の補強効果について,土木学会中国支部第50回研究発表会発表概要集,III-84,pp.423-424,1998.6.
30. 清水則一,武田智治小島穣:ケーブルボルトによる岩盤の先行補強について,第10回岩の力学国内シンポジウム,pp.539-544,1998.1.
31. 清水則一,武田智治:軟岩に対するケーブルボルトの適用性について,トンネル工学研究論文・報告集,Vol.7,pp.111-116,1997.11.
32. N.Shimizu, N. Kakihara, K. Nakagawa and S. Sakurai: Optimum locations for displacement measurements in underground openings to determine in situ stress by means of back analysis, Proc. of the Int. Symp. on Rock Stress, Kumamoto,pp.533-538, 1997.10.
33. 清水則一,小山修治,小野浩,宮下耕一,近藤仁志,水田義明:GPS変位モニタリングシステムの連続観測による安定性の検証と計測結果の処理方法の提案,資源・素材学会誌「Journal of MMIJ」,Vol.113,No.7,pp.549-554,1997.7.
34. 小山修治安立寛,清水則一:GPS変位計測システムの計測結果のデータ処理法,土木学会中国支部第49回研究発表会発表概要集,III-91,pp.437-438,1997.5.(若手優秀発表者賞受賞)
35. 岡部正寺戸秀和,清水則一,中川浩二:超大断面トンネルの力学的挙動に関する数値解析,土木学会中国支部第49回研究発表会発表概要集,III-77,pp.409-410,1997.5.
36. 武田智治寺戸秀和,清水則一,中川浩二:軟岩におけるケーブルボルトの効果に関する数値シミュレーション,土木学会中国支部第49回研究発表会発表概要集,III-76,pp.407-408,1997.5.
37. 春名啓治小島穣寺戸秀和,清水則一,中川浩二:数値解析による不連続性岩盤斜面の安定性の評価,土木学会中国支部第49回研究発表会発表概要集,III-63,pp.381-382,1997.5.
研究室学生による成果 このページのTOP

1993〜1996年度

1. 寺戸秀和,清水則一,垣原裕,中川浩二:不連続性岩盤の変位挙動予測のための逆解析法,第28回岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集,pp.107-111,1997.1.
2. 寺戸秀和,清水則一,垣原裕,中川浩二:不連続性岩盤の変形挙予測のための逆解析-適応フィルタリングの応用-,日本機械学会第9回計算力学講演会論文集,pp.107-111,1996.11.
3. 清水則一,垣原裕寺戸秀和,中川浩二:不連続性岩盤の変形挙動予測のための計測変位を用いた一逆解析法,土木学会論文集,No.547/III-36,pp.11-22,1996.9.
4. N. Shimizu, H. Kakihara, H. Terato and K. Nakagawa: A back analysis method for predicting deformational behavior of discontinuous rock mass, Proc. of the 2nd North American Rock Mechanics Symp. (NARMS'96), Montreal-Canada,pp.2001-2008, 1996.6.
5. 矢富盟祥,清水則一,八木田茂生,中川浩二:地盤材料の有限変形弾塑性解析,ワークショップ「不均一な材料の力学挙動に関する研究」,土木学会中国支部第47回研究発表会発表概要集,WS-3,pp.507-516,1995.6.
6. 清水則一,垣原裕,中川浩二,桜井春輔:地下空洞掘削時の現場計測における変位計測機器の配置について−逆解析の立場から−,第26回岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集,pp.421-425,1995.1.
7. 垣原裕,清水則一,田村哲也,中川浩二,桜井春輔:逆解析によるトンネル周辺地山のひずみ分布推定のための最適計測配置について,土木学会第49回年次学術講演会講演概要集,III-580,pp.1150-1151,1994.9.
8. 清水則一,有本宏之,古川浩平,中川浩二,佐藤淳,中田雅博:山岳道路トンネルにおける計測結果と支保の変状,土木学会第49回年次学術講演会講演概要集,III-573,pp.1136-1137,1994.9.
9. 寺戸秀和,荒木義則,清水則一,中川浩二:岩質材料の動的破壊に対する破壊力学的考察,土木学会中国四国支部第46回研究発表会発表概要集,III-69,pp.474-475,1994.5.
10. 清水則一,江上知幸,中川浩二,桜井春輔:GPSによる地盤変位計測結果の適応フィルタリングを用いた一評価法,土木学会論文集,No.487/III-26,pp.275-278,1994.3.
11. 清水則一,江上知幸,中川浩二,櫻井春輔:観測点の幾何学的拘束条件を考慮した逆解析−人工衛星を用いた測量結果の適応フィルタリングを用いた評価法−,日本機械学会材料部門講演会講演論文集,pp.769-770,1993.11.
12. 矢富盟祥,清水則一,八木田茂生,中川浩二:有限変形非共軸弾塑性モデルを用いた土被りの浅いトンネルの解析,土木学会第48回年次学術講演会講演概要集,CS-43,pp.38-39,1993.9.
13. 清水則一,江上知幸,中川浩二,櫻井春輔:GPS地盤変位計測結果の適応フィルタリングによる評価法,土木学会第48回年次学術講演会講演概要集,III-146,pp.346-347,1993.9.
14. 桜井春輔,清水則一,古谷茂也,皿海章雄:GPSによる切取り斜面の変位測定,土木学会論文集,No.475/III-24,pp.137-142,1993.9.
15. 清水則一,垣原裕,中川浩二,桜井春輔:トンネルの変位計測結果の逆解析のための最適計測配置について,第14回西日本岩盤工学シンポジウム,pp.51-56,1993.7.
16. 清水則一,松重宗徳,甲口典明,中川浩二:岩盤掘削問題に対する破壊力学の応用−rock cutting を中心に−,土木学会中国四国支部第45回研究発表会発表概要集,WS-2,pp.783-785,1993.5.
17. 矢富盟祥,清水則一,八木田茂生,中川浩二:有限変形非共軸弾塑性モデルによる平面ひずみ一軸圧縮試験の数値シミュレーション−微小変形モデルおよび共軸モデルとの比較−,土木学会中国四国支部第45回研究発表会発表概要集,III-84,pp.402-403,1993.5.
18. 清水則一,垣原裕,中川浩二,桜井春輔:トンネルにおける逆解析のための変位計測位置の選定法,土木学会中国四国支部第45回研究発表会発表概要集,III-31,pp.506-507,1993.5.
研究室学生による成果 このページのTOP
   
  最終更新日 2017年06月27日 
  
  
  Copyright©2003-2017 Division of Rock Mechanics and Rock Engineering Yamaguchi University.All rights reserved.