平成28年度(第68回)土木学会中国支部研究発表会に参加 

 2016年5月21日,広島工業大学(広島県広島市)で行われた
平成28年度(第68回)土木学会中国支部研究発表会に学生4名が参加しました.

 各発表内容は下記のとおりです.
 
 
田口良輔,Yastika Putu Edi,中島伸一郎,清水則一: DInSARによる地表面変位計測の時系列解析に関する検討, 平成28年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,V-23, pp.215-216, 2016.5.
 
須磨優樹,清水則一,中島伸一郎,小堀俊秀,山口嘉一: GPS変位計測に基づくフィルダム堤体の変位特性の評価, 平成28年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,V-47, pp.263-264, 2016.5.
 
天藤翔太市原翔,中島伸一郎,清水則一 : トンネル掘削による地すべり斜面の変位挙動のメカニズムの考察(その6), 平成28年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,V-48, pp.265-266, 2016.5.
 
奥田健人,中島伸一郎,清水則一: アメダスデータに基づく全国の凍結指数とその統計的分析, 平成28年度土木学会中国支部研究発表会発表概要集,V-17, pp.481-482, 2016.5.


古い記事へ新しい記事へ
 トピックス一覧へ 
 
Copyright©2003-2016 Division of Rock Mechanics and Rock Engineering Yamaguchi University.All rights reserved..